主に使用している革材料についての紹介ページです。
イタリアンレザーや国産レザーをオリジナル染色した革などを
使用しております。

ELBAMATT

エルバマットはイタリアトスカーナ地方サンタクローチェにあるテンペスティ社で作られる革。特徴はバケッタ製法と呼ばれる製造方法にあります。天然樹木ので鞣した後にじっくりとオイルを染み込ませる製法で水分を一切使わず仕上げられた革。そのオイル量は通常の革の約1.5~2倍。さらに革の中でも一番繊維が詰まったシングルバット部分(1頭の半分の背中部分)を使用。独特のしなやかさと使い始めはマットな質感で使い込むごとに艶やかが増すエイジングが特徴です。製品を手にしてからのメリットもあり、オイル量が通常より多い革ですのでメンテナンスを特に必要としません。通常タンニン鞣しの革は定期的にオイルを入れたりメンテナンスを必要とします。これは革を育てるにあたって一つの楽しみでありエイジングにこだわる方にとっては必要不可欠なメンテナンスです。しかしエルバマットには不要です。コーティングをしない革なので傷もつきやすい革ですが擦ることで多少の傷は自然に目立たなくなります。非常に手間と時間がかかる工程で作られた最高級の質感をお楽しみ下さい。

MARGOT

マルゴーはイタリアの ヴィルジリオ・コンツェリア・アルティジアナ社で生産される革です。ヨーロッパ産の上質な原皮を使用しケブラチョやミモザでタンニン鞣しされた上質な革です。部位はダブルショルダー(牛の肩部分)、特徴はなんといっても表面に施されたスクラッチ加工。ドライな質感に見えますがしなやかです。発色もイタリアンレザーらしく綺麗です。非常に高い品質で出来上がった革ですがばっちりエイジングもします。色濃く、艶が出てきてこのスクラッチ加工が段々と馴染んでいきます。まさに『育てがいのある革』です。あまり人と同じものを持ちたくない、革でも個性を出したいという方にはまさにうってつけの革と言えるでしょう。是非あなたの手で育ててみて下さい。

RUGATO

ルガトショルダー。それは『宝石のような革』と称されるほど美しい艶と色味。ベルギーのマシュア社で生産される革です。部位はショルダー(肩部分)です。この革はノルウェー産の原皮を使用し鮮やかな光沢と透明感のあるカラーを特徴とします。肩部分にみられるトラ目(革特有の肩部分に見られる帯状のシワ)も魅力です。日本では敬遠されがちな傾向ですがヨーロッパの方では天然皮革の証として人気のようです。トラ目というくらいなので虎の模様のように見えることから業界ではトラ目と呼ばれています。生きていた牛から出来上がったものですので一枚ずつこのトラ目は異なり、革の個性となります。もちろん合皮には存在しません。天然素材ならではの質感と上質な艶、奥行きのあるカラーをお楽しみ頂ければと思います。

Original Color

国産のタンニン鞣しベジタブルレザーをオリジナルの染色で。SKIDBLADNIRの染色はひと味違います。発色の良さはもちろんですが特殊な染料で染色しているためきちんと『エイジングする』染色です。さらに防汚効果も施してありますので汚れずらくなっております。ご希望で『こんな感じの色の革がほしい!』というご希望があればご相談下さい。写真はネイビーとダークパープルです。

Other